気になる合宿免許情報

2019年8月7日

通学免許より安いのだけが合宿免許の魅力か

一般的に合宿免許は安いのがメリット

合宿免許は通学免許に比べて安いのが一般的にメリットとして知られています。申し込みをするときに比較してみると料金が2割くらい安くなっているのが通例です。基本料金が安いだけで、トータルで免許を取得するまでにかかる費用で考えると高いのではないかと懸念する人もいます。しかし、教習を受ける上で必要になる費用はすべて込み料金になっている点は同じで、学科試験や修了検定、卒業検定に落ちてしまったときに再受験するには別途お金を支払わなければならない点でも違いはありません。

合宿免許の場合には遠くまで行かなければならず、宿泊費もかけなければならないと考える人もいるでしょう。しかし、大抵の合宿免許の宿泊費は申し込みのときに払う料金に含まれています。別に自分で宿泊先を手配するプランもありますが、その場合には基本料金が下がっているのが一般的です。プランによっては食費まで含まれているのでさらに経済的だと言えるでしょう。ただ、交通費については別料金のことが多くなっています。主要駅から送迎してもらえるなどの無料サービスがあるプランもあるので、この点ではプランの選び方次第と言えます。

期間が短くて済むのもメリット

合宿免許のメリットは安いことだけではありません。免許を手に入れるまでの期間も短くて済みます。例えばAT限定の普通自動車の免許なら15日くらいで教習を終えることが可能です。MTでも17日あれば、試験に落ちるなどのトラブルがない限りは卒業できます。卒業したら運転免許センターで学科試験を受けるだけなので、教習期間プラス一日あれば免許を取得できるでしょう。しかし、通学で教習を受ける場合には合宿のようにタイトスケジュールで教習を受けられません。一ヶ月くらいはかかってしまうのが一般的なので、早く取得したいなら合宿免許が魅力的です。

現場でネットワークを広げられるのもメリット

合宿免許は多くの人と出会う機会を手に入れて人脈を広げていきたいという人にもメリットがあります。教習の現場でネットワークを広げやすい環境が整っているのが魅力です。教習所によっては共同の食堂があり、参加している人は三食同じタイミングで食べることになる場合もあります。部屋も相部屋を希望できるプランもあるので、人とのコミュニケーションを楽しみたい人には機会が豊富にあるのです。ここで作り上げたネットワークが将来的に生かせる可能性もあるでしょう。通学では他の教習生とは疎遠になりがちですが、合宿なら密な関係を作り上げやすいのです。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!