気になる合宿免許情報

2019年8月7日

合宿免許と通学免許のメリット・デメリット

合宿免許のメリット・デメリット

免許を取るためには、合宿か通学かを選ぶことができます。どちらが良いかはそれぞれメリットとデメリットを比較してから選ぶことがオススメです。
短期間で免許を取得したいという場合には、合宿免許がオススメです。具体的なメリットとしては、卒業までの費用が安いということが挙げられます。合宿では一般的な相場は20〜25万円程度に対し、通学する場合の相場は25〜30万円程度になります。
合宿費用は毎日三食の食事代と、宿泊費が含まれていて、実技試験に落ちて免許取得期間が延長されても追加料金がかからないなどのメリットがあります。
他にも、教習を受ける期間が短い、毎日学科と実技を行うため勉強効率が良いなどもメリットです。

ただし、デメリットもあります。
免許取得までは原則2〜3週間、毎日教習を行う必要があります。そのためその期間はずっと自動車免許取得に集中する必要があるため、アルバイトなどをすることが難しくなります。対して通学では忙しい時には、教習を減らすなどして自分のペースで免許取得を目指せます。
また、自分の家の周りとは異なる環境の合宿先を選んでしまうと、教習で習った感覚と自宅周りの環境の違いに戸惑う可能性も考えられます。
プランによってはスケジュール内に合格できなかった場合には、追加料金を払って追加教習を受けることが必要です。

通学免許のメリット・デメリット

通学免許のメリットは、自由に時間を使うことができるということが挙げられます。教習所に行かなくても良い時間なら勉強をしたり、バイトをしたり、友達と遊ぶなど自由に過ごすことができます。プライベートな時間に対する自由度が高く、家に帰れば好きなように過ごすことが可能です。
また、通学免許は自宅近くの自動車教習所に行くことが一般的です。そのため路上教習を行う場合には自分の生活圏内で運転することが多く、免許を取った後の環境を意識した教習を受けられます。
日常的に運転する生活環境の中で教習を行えるということは、効率的に勉強することができるということでもあります。

ただし、デメリットもあるため注意が必要です。
通学免許の場合教習所に合わせてカリキュラムが組まれているため、カリキュラムによっては時間の融通が利かないこともあります。朝から授業がある日もあれば、夕方から授業がある日もあるためそれに従って通学することが必要です。
また、時間を調整しなければ最短で免許を取ることは珍しく、モチベーションを保ちにくいというのもデメリットと言えます。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!