気になる合宿免許情報

2019年8月7日

合宿免許で自動車免許の取得

合宿免許の仕組みと取得可能なバイク免許

合宿免許では、短期間で各種の自動車免許を取得することが可能です。合宿免許であれば、最短で2週間程度の短い期間で、中型や大型のバイク免許、普通自動車や大型自動車の免許、商用利用が可能な2種免許などを取得することが可能になります。高校生にもなるとバイクに乗ることに興味を持つ方も増えてくるものです。合宿免許であれば、夏休みなどのまとまった休みに通えば、短期での免許取得が可能になります。

合宿免許で取得できるバイク免許には、中型と大型免許があります。中型免許は16歳以上から取得することができ、400CC以下のバイクに乗ることが可能になります。大型免許を取得する場合は、年齢が18歳以上であることが必要です。大型免許を取得することで、ハーレーなどの大型のバイクに乗ることができます。

合宿免許で取れる普通自動車免許と2種免許

合宿免許で普通自動車免許を取得するには、年齢が18歳以上であることが必要です。普通自動車の免許には、AT免許と呼ばれるクラッチやギアチェンジが必要が無い、シンプルな運転を可能にする免許と、運転時に自分でギアチェンジを行うMT免許があります。どちらのコースを選ぶかは、合宿へ入校する際に選んでいきます。公道を普通に走ることを目的とする場合は、AT免許で十分ですが、スポーツカーやアウトドアを走るジープなどにも乗りたいと考える場合は、MT免許を取得するほうが良いでしょう。

普通自動車免許のなかには、仕事で使える2種免許というものがあります。第二種運転免許と正式に呼ばれる2種免許を取れば、タクシーの運転手などの商用運転の仕事へ従事可能になります。2種免許を取得するには、普通自動車免許を取得してから3年以上の運転経験を持つ21歳以上であることが必要です。

各種大型免許も取得可能

合宿免許で取得できる免許には、普通自動車免許以外に、大型一種免許やけん引免許があります。大型一種免許を取得すれば、大型トラックなどの車両を運転できるようになり、長距離運送などの仕事に従事できます。大型一種免許を取得した後にステップアップを望むのであれば、けん引免許を取得するのも良いでしょう。けん引免許を取れば、トレーラーやタンクローリーなどの特殊な大型車両にも乗ることが可能になります。

大型一種免許やけん引免許を取得すれば、大型トラックやバス、ミキサーなどの特殊車両の運転に至るまで、幅広い業務を行うことができます。大型一種免許を取得することで様々な職に就くことが可能になります。合宿免許を活用すれば、短期間で大型車両を運転できる免許の取得も可能なのです。

合宿免許ムーチョ!