はなものがたり

2019年3月4日

お花のプレゼント 私が知りたいお花の名前

お花のプレゼントというからにはお花の名前もある程度知っている必要があるのではないでしょうか。 お花の名前をいろいろ知っていることでよりお花やさんと向きあうことも楽しくなるでしょう。 人に聞かれてあのお花は「デルフィニウム」よということが出来れば、かなり注目される人になることが出来るでしょう。

デルフィニウム

デルフィニウムもとても魅力的なお花ですよね。青いお花として真っ先に思いついていいお花なのかもしれません。 デルフィニウムには1本に長いタイプと、スプレー咲きのタイプがあります。1本に長いタイプと、スプレー咲きのタイプもそれぞれ違ったお花の魅力を味わうことが出来ます。 1本に長いタイプはゴージャスな感じもあり、スプレー咲きのタイプは頼りない感じもほど良い魅力です。

カスミソウ

日本人の方々も大好きなお花がカスミソウではないでしょうか。しかしいつもお花のプレゼントの添え物という印象を持っている人たちもいることでしょう。決してそのようなお花ではありませんが。 カスミソウは昭和のお花で時代は去ったという人たちもいますが、それも正解ではありません。 今こそ本気でカスミソウの魅力を感じとれる時期なのかもしれません。 カスミソウだけのブーケというのも今だからこそ素敵なのではないでしょうか。 最近は人工的に染めたカスミソウも登場し、それはそれで非常にコケティッシュです。

ガーベラ

ガーベラというのももはやお花のプレゼントの定番といっていいでしょう。ガーベラを求めている日本の方々も多くなりました。 ガーベラには大きいお花と小さいお花があって品種も膨大な数ありいろんな色や咲き方をしています。 花びらがツンツンしている「スパイダー咲き」というのも相当インパクトあります。でも、ガーベラとは素直に言いたくないような形相です。 また、花びらがくるんとしているガーベラもあります。 こんなガーベラって、いろいろな雰囲気を醸してくれるものだったのです。八重咲きのものはとても日本的という感じもありますが、やっぱり普通のガーベラの形がいいという気持ちもない訳ではありません。 ガーベラというお花のプレゼントは咲いた状態で出荷するから、つぼみの状態のものはないです。葉っぱがついていないのも特徴で、それによって随分スッキリした感じもありますよね。 いかがでしょうか。お花にはどんなお花にだって名前があります。名前は、私達がお花を知るために存在しているのではないでしょうか。